息子が中学受験で早くも偏差値の世界へ

3月 26, 2015 by admin
息子が中学受験に挑戦中です。中学受験は最終的に本人がやりたいと言って始め、その言葉通り今も頑張っていますが、今でも中学受験のことについて息子に話をしたことが良かったのかどうか迷っています。ただ、そんな気持ちが子供に伝わってしまうのはよくないと思うので、態度には出さないようにしていました。受験の日まではもう少しですから、息子自身が受験で頑張ったことから何かしら得るものがあるはずだと信じることにしています。
しかし、最近になって気になることが出てきました。それは、息子の言動に出てくる偏差値の使い方です。もちろん、偏差値が相対評価で上からどのぐらいの位置にいるかが概略わかる物差しであるということは理解しているようですが、友達の数値と自分の偏差値を比較したり、偏差値の低い友達について馬鹿にするような言動をするようになってきたのです。
まだ中学校にあがる前ということもあって心無い言葉を発することがありますが、その都度本人には良くないということを理由とともに言って聞かせています。小学校から偏差値という世界にどっぷり浸かることになる中学受験は子供にも親にも大変な面はありますが、家族全員で心を合わせて乗り切っていこうと思います。

Sorry, the comment form is closed at this time.